コンテンツにスキップする

ツイッター株下落、モフェットネイサンソンが目標株価引き下げ

  • 目標株価25ドル、市場で最も弱気な水準-投資判断「売り」維持
  • 来月の決算発表時に7-9月の弱い見通しが示される可能性を警告

13日の米株式市場で、米ツイッター株が下落。一時4.6%安を付け、3.1%安で引けた。モフェットネイサンソンが同社の投資判断を「売り」に据え置き、目標株価を市場で最も弱気な水準に引き下げた。

  モフェットネイサンソンはツイッターの「行き過ぎたバリュエーション(株価評価)」に加え、来月の決算発表時に同社が7-9月(第3四半期)の弱い見通しを示す恐れがあることを理由に挙げた。目標株価は従来の28ドルから25ドルに引き下げ。

  アナリストのマイケル・ネイサンソン氏は顧客向けリポートで、7-9月期が「厳しい」比較となりそうなことを踏まえると、「現在はツイッターを売るのに特に良いタイミンクだ」と指摘。「増収率が鈍化傾向の中、コストの伸びは加速」すると予想され、そうしたトレンドが「今後、何年にもわたり同社の重荷となる可能性がある」と分析した。

Twitter fell after a bearish analyst comment

  ツイッターは7月26日に4-6月(第2四半期)決算を発表する予定。アナリストは調整後1株利益19セント、売上高8億2930万ドル(約900億円)を見込んでいる。

  現時点で、ツイッターの投資判断は「買い」12社、「ホールド」24社、「売り」6社。平均目標株価は39ドル。

原題:Twitter Slumps as Street’s Biggest Bear Warns of Weak Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE