コンテンツにスキップする
Photographer: Angus Mordant/Bloomberg

米航空株が大幅高-JPモルガンは各社の追加運賃引き上げを指摘

  • ここ5週間で2度目の国内運賃引き上げ-ベーカー氏
  • アメリカン航空は6.4%高-S&P500種の構成銘柄で値上がり最大
American Airlines Group Inc. planes stand at Phoenix Sky Harbor International Airport (PHX) in Phoenix, Arizona, U.S., on Thursday, July 5, 2018. American Airlines Group Inc. is scheduled to release earnings figures on July 26.
Photographer: Angus Mordant/Bloomberg

13日の米株式市場で航空銘柄が大きく値上がりした。航空各社がこの5週間で2度目の国内運賃引き上げに踏み切ったとJPモルガン・チェースが指摘した。

  運賃動向を分析しているJPモルガンのアナリスト、ジェイミー・ベーカー氏はアメリカン航空グループが12日に国内便の片道料金を5ドル引き上げたと説明。国内航空最大手のサウスウエスト航空やハワイアン・ホールディングスもこれに追随した。

  5月第2週に値上げしたばかりで、航空各社は予想よりも早い追加引き上げに動いているとベーカー氏は指摘。航空業界は堅調な需要による追い風を受ける一方、ボーイング737MAXの運航停止で便数や座席の供給に支障が出ている。

  アメリカン航空は前日比6.4%高で取引を終了。一時7.1%上げる場面もあった。S&P500種株価指数の構成銘柄で値上がりが最も大きかった。サウスウエスト航空は3.1%高、ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスが4%高でそれぞれ引けた。

原題:U.S. Airlines Surge as JPMorgan Sees New Effort to Raise Fares(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE