コンテンツにスキップする

トランプ氏が安倍首相のイラン訪問に謝意-取引は「時期尚早」

  • 安倍晋三首相は米・イラン間の緊張緩和を目指す
  • トランプ政権はイランへの圧力弱める兆し見せず

トランプ米大統領は、安倍晋三首相がイラン最高指導者のハメネイ師と会談したことを称賛しながらも、米国がイランと取引するのは時期尚早だとの見解を示した。

  トランプ氏は「安倍首相がイランを訪れてハメネイ師に会ったことには非常に感謝しているが、取引については考えることさえ時期尚早だと個人的には感じている」とツイート。「彼らにその準備はできていない。われわれもだ!」と記した。

Abe Iran

安倍晋三首相とロウハニ大統領(テヘラン、6月12日)

Source: AFP via Getty Images

  トランプ政権は、2015年のイラン核合意から離脱した後、同国への制裁を再開しており、トランプ氏はこれまでのところ圧力を緩める姿勢は示していない。

原題:Trump Says Too Soon to Make Iran Deal After Abe Meets Khamenei(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE