コンテンツにスキップする

サンダース米大統領報道官が月末に退任-トランプ氏発表

  • この数カ月間は公の場にあまり姿を見せていなかった
  • サンダース氏は故郷のアーカンソー州に戻るとトランプ氏がツイート

サンダース米大統領報道官がトランプ政権を去る。トランプ大統領が13日、ツイッターで明らかにした。

  トランプ氏は「素晴らしいサラ・ハッカビー・サンダース氏が月末にホワイトハウスを去り、故郷である偉大なアーカンソー州に戻る」とツイートした。

  サンダース氏は13日、ホワイトハウスでのイベントで、トランプ政権で仕事をしたのは「一生の名誉だ」と発言。「厳しい時でさえも一瞬一瞬を楽しんだ」と語った。

  サンダース氏(36)は、2017年7月に突然辞任したショーン・スパイサー氏の後任として副報道官から報道官に昇格した。トランプ氏はサンダース氏の後任は指名していない。

  この数カ月間は公の場にあまり姿を見せず、19年初め以降はホワイトハウスで1日1回開かれる記者会見をサンダース氏が行ったのはわずか2回だった。トランプ氏は1月のツイートで、サンダース氏が記者会見しないのは「彼女に関するプレスの報道があまりにも無礼だからだ」と説明した。

原題:Sanders to Resign as White House Press Secretary, Trump Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE