コンテンツにスキップする

ボーナスは男性より平均70%低い、HSBC英事業の女性行員

  • それでも状況は改善、前年はおよそ85%の格差
  • 賃金の格差も縮小、前年の61%から55%に

英銀行大手のHSBCホールディングスでは、女性行員に支給する賞与が同じ部署の男性より平均約70%低い部門が英国内にある。それでも前年からは大きく改善したという。

  HSBCが今週発表した男女間格差に関する報告書によると、HSBC銀行における賞与の性別格差は2018年の約85%から縮小した。賃金の差はおよそ55%で、前年の61%からやはり縮まった。調査は今年4月までの1年間が対象。HSBCは報告書の内容以上についてコメントを控えた。

General Views Of Canary Wharf As Citigroup Inc.'s London Landlord Is Said To Seek New Loan For Tower

ロンドンのHSBCビル

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

  英国の金融サービス業界では男女間で賃金格差が著しく大きいことが明らかになって以降、監視の目が強まっている。同国の議員らは今週、HSBCのグループ人事担当責任者イレーヌ・アーデン氏ら業界の代表者と会合。女性の就業環境改善について話を聞いた。

  英国では従業員250人以上の企業に、男女間の賃金格差を明らかにすることを義務づけている。この賃金格差は平均時間給の差に基づいて算出される。2020年からは、社内で最高額の賃金を得ている従業員と平均的な従業員との差も公表されるようになる。

原題:HSBC Women in U.K. Are Paid Bonuses 70% Below Male Staff (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE