コンテンツにスキップする

次の英首相選ぶ与党党首選、ジョンソン氏が第1回投票で大差の首位

  • 2位はハント外相、レッドソム前下院院内総務ら3人が脱落
  • 第2回投票に進出は合計7人、18日に実施の予定

メイ英首相の与党保守党党首辞任に伴う党首選で、党所属の下院議員による最初の投票が13日に実施され、ジョンソン前外相が114票を得て1位となった。ハント外相が43票で2位。第2回投票は18日に行われる。

Boris Johnson Pitches for Leadership With Pledge of Brexit on Oct. 31

ジョンソン前外相

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

  第1回投票ではレッドソム前下院院内総務(閣僚級)ら3人が脱落した。

  第2回投票に臨むのはジョンソン、ハント両氏に加えゴーブ環境・食料・農村相(37票)、ラーブ前EU離脱担当相(27票)、ジャビド内相(23票)など合計7人。

  3回目以降の投票は19日、20日に実施し、候補者を2人に絞り込んだ後、約16万人の一般党員が郵送投票によって最終的に党首を選出する。

原題:Johnson Enters 2nd Round of Race with Clear Lead: Brexit Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE