コンテンツにスキップする

米新規失業保険申請件数:予想外に増加、5週間ぶり高水準

更新日時

先週の米新規失業保険申請件数は市場予想に反して増加し、5週間ぶりの高水準となった。労働市場が減速しつつある可能性が新たに示唆された。

キーポイント
  • 新規失業保険申請件数は前週比3000件増の22万2000件
    • エコノミスト予想中央値は21万5000件への減少
    • 前週は21万9000件(速報値21万8000件)に修正
  • より変動の少ない4週移動平均は21万7750件に増加

Filings for U.S. unemployment benefits climbed to a five-week high last week

新規失業保険申請件数

米労働省

インサイト

  • 5月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数の伸びがすべてのエコノミスト予想を下回った。失業保険申請件数はこれで3週連続の増加。件数は歴史的な低水準付近にとどまっているものの、広範な景気の弱さを示す兆候は製造業や小売売上高などの指標に表れ始めている

詳細

  • 失業保険の継続受給者数は6月1日までの1週間に2000人増えて170万人
  • 週間新規失業保険申請の表
  • 失業保険申請・継続受給者の時系列表

原題:U.S. Jobless Claims Climb to Five-Week High, Topping Estimates(抜粋)

(統計の詳細を追加して更新します)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE