コンテンツにスキップする

アリババが香港での上場を内密に申請、10年以来の大型案件も

  • 主幹事にCICCとクレディ・スイス・グループを選定
  • 調達規模は最大2.17兆円に上る可能性-最終目標確定せず
A logo of the Chinese multinational e-commerce, retail, internet, and technology conglomerate, Alibaba group.

A logo of the Chinese multinational e-commerce, retail, internet, and technology conglomerate, Alibaba group.

Photographer: ALAIN JOCARD/AFP
A logo of the Chinese multinational e-commerce, retail, internet, and technology conglomerate, Alibaba group.
Photographer: ALAIN JOCARD/AFP

中国最大の電子商取引運営会社、アリババ・グループ・ホールディングが香港市場での上場を内密に申請した。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同市場としては2010年以来の大型案件となる可能性がある。

  関係者が匿名を条件に語ったところでは、アリババは今週、財務情報の開示が必要がない形で申請を行った。主幹事に中国国際金融(CICC)とクレディ・スイス・グループを選定したという。調達規模は最大200億ドル(約2兆1700億円)に上る可能性があるが、アリババは最終目標を固めていないと、関係者は話した。

  アリババの担当者はコメントを控えた。

原題:Alibaba Is Said to Have Filed for a Hong Kong Mega-Listing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE