コンテンツにスキップする

FAA当局者もボーイングの見通しに同調-MAXは年内に運航再開か

  • 当局には「大きな圧力」も安全と確信した時に運行再開とバーラミ氏
  • ボーイングCEOは今年中の運航再開を見込んでいる

2件の墜落事故を受けて3月に運航停止となったボーイングMAX737は、年末までに運航が再開されるはずだとの見方を、米連邦航空局(FAA)幹部が明らかにした。

  FAAの航空安全担当幹部のアリ・バーラミ氏は12日、ドイツのケルンで開催中の会議でインタビューに応じ、MAX737の安全対策を巡る作業が進められる中で具体的な日付を提示することはできないと説明した。

  FAAには「大きな圧力がかかっている」としながらも、MAXは設計や飛行テスト、他の検査を経て「安全だろうとわれわれが確信した時」に運航が再開されると語った。予定を示すことに慎重だったバーラミ氏だったが、今年または来年に運行再開されるかどうかを問われると、年内再開を見込むボーイングのデニス・マレンバーグ最高経営責任者(CEO)の指摘は正確なようだと述べた。

原題:FAA Official Echoes Boeing Timeline for Max Return This Year (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE