コンテンツにスキップする
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

テスラ株下落、CEOの需要見通しにアナリストは懐疑的

更新日時
  • 販売が生産をはるかに上回る状況をデータは示唆せずとカウエン
  • テスラがモデル3巡り「分岐点」に直面しているとウェドブッシュ
NEW YORK, NEW YORK - APRIL 25: Tesla cars are delivered to a showroom in Brooklyn on April 25, 2019 in New York City. The electric car company announced on Wednesday that it lost $702 million last quarter. Tesla revenue was also down 37% compared to the prior quarter. (Photo by Spencer Platt/Getty Images)
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

12日の米株式市場で電気自動車(EV)メーカー、テスラの株価が下落し、3.6%安で終了した。同社の4-6月(第2四半期)の販売が過去最高水準に達する可能性があると述べたイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の主張に対し、複数のアナリストが懐疑的な見方を示した。

  カウエンのアナリストは、11日のテスラの株主総会について、大して「新しいニュース」はなかったと分析し、ウェドブッシュはテスラが今や「モデル3」の需要を巡り「分岐点」に直面していると見解を示した。

  カウエンのアナリスト、ジェフリー・オズボーン氏は「新たなニュースが出てくるだろうと考え、今回のイベントに向けて株価は上昇していた。しかし、出てきたコメントは以前のステートメントにおおむね沿った内容だった。現在の利益動向、第2四半期や通期についての最新財務ガイダンスの話もなかった。マスク氏は販売が生産をはるかに上回っていると主張したが、データはそのような状況を示唆していない」と指摘した。

  一方、ウェドブッシュのアナリスト、ダニエル・アイブス氏は「同社が持続的な収益性をもたらすには今四半期と2019年下期にかけてモデル3の出荷が著しく持ち直す必要がある」と分析した。テスラの投資判断はカウエンが「アンダーパフォーム」、ウェドブッシュが「中立」に設定し、目標株価は前者が140ドル、後者が230ドル。

原題:Tesla Analysts Remain Skeptical of Musk’s Demand Outlook (1)(抜粋)

(アナリストのコメントを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE