コンテンツにスキップする

米消費者物価:5月はコア指数が予想下回る、利下げ論拠強まる

更新日時

5月の米消費者物価指数(CPI)統計によると、食品とエネルギーを除くコア指数が市場予想を下回った。中古車の価格が下落した。貿易問題や世界経済の成長減速などが向かい風となる中、米利下げの論拠が強まった。

キーポイント
  • コアCPIは前年同月比2%上昇ー市場予想2.1%上昇
    • 前月比では4カ月連続で0.1%上昇 ー予想0.2%上昇
  • 総合CPIは前年同月比1.8%上昇ー予想1.9%上昇
    • 前月比は0.1%上昇ー予想と一致
Cooling Prices

背景

  • CPI統計を受け、市場が織り込む7月の利下げ確率が高まり、フェデラルファンド(FF)金利先物は今後2カ月間に0.25ポイントの利下げをほぼ織り込んでいる
  • ガソリン価格の下落が全体のインフレ抑制に寄与。エネルギー価格は前月比0.6%下落。前年同月比では0.5%下落と、エネルギー価格を構成する主要項目全てが前年比で下げた
  • 被服費は前月比変わらず。前月まで2カ月連続で大きく低下していた。商務省が被服費のデータ収集方法を変更して以降、同項目は低下基調にある

詳細

  • 中古車の価格は前月比1.4%下落。新車は0.1%上昇
  • 住居費は0.2%上昇。帰属家賃が0.3%伸びた。家賃は0.2%上昇
  • 食品価格は前月比0.3%上昇(前月0.1%低下)
  • 統計の詳細は表をご覧下さい

原題:U.S. Core Inflation Cools, Bolstering Case for Fed Rate Cut (1)(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE