コンテンツにスキップする

ウーバー、空飛ぶタクシーサービスを2023年に開始-メルボルンで

A scaled model of Uber's eCRM-003, an electric vertical take-off and landing jet.

 

A scaled model of Uber's eCRM-003, an electric vertical take-off and landing jet.

 

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

A scaled model of Uber's eCRM-003, an electric vertical take-off and landing jet.

 

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

配車サービスの米ウーバー・テクノロジーズは、「空飛ぶタクシー」サービスをメルボルンで2023年に開始する計画だ。メルボルンはウーバーにとって同プログラムで初の海外市場となる。

  12日の発表資料によれば、「ウーバー・エア」と同社が呼ぶ空飛ぶタクシーの試験飛行は20年から同市で始める。メルボルンは米国のダラスとロサンゼルスと共に同サービスのパイロット拠点となる。

  同社によるウーバー・エアに関する説明では、空飛ぶタクシーの利用者は建物の屋上から、従来のヘリコプターのように離着陸するバッテリー駆動の航空機に乗ることができるようになるという。

原題:Uber Aims to Start Flying-Taxi Services in Melbourne From 2023 (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE