コンテンツにスキップする

テスラの4~6月販売は過去最高も-「需要に問題ない」とマスク氏

  • 発言を受けてテスラの株価は時間外取引で一時5.3%上昇
  • 収益性や「モデル3」の需要動向を見極める必要-ウェドブッシュ
Tour Of Tesla Motors Inc.'s Gigafactory With Remarks By Chief Executive Officer Elon Musk And Co-Founder Jeffrey Straubel

Photographer: Troy Harvey/ Bloomberg

Tour Of Tesla Motors Inc.'s Gigafactory With Remarks By Chief Executive Officer Elon Musk And Co-Founder Jeffrey Straubel

Photographer: Troy Harvey/ Bloomberg

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は11日、4-6月(第2四半期)の販売が過去最高水準に達する可能性があると語り、EV需要を巡る懸念を否定した。

  テスラは4-6月期の納車が9万-10万台に上るとの見通しを示していたが、1-3月(第1四半期)の納車が6万3000台にとどまったことで失望を招き、需要に関する懐疑的な見方が株価の重しとなっていた。しかし、マスクCEOはこの日、販売が生産台数を「はるかに上回っている」とし、楽観的な姿勢を示した。

  カリフォルニア州マウンテンビューで開催されたテスラの株主総会でマスクCEOは「需要に問題がないことを明確にしたい」と語った。発言は市場で好感され、通常取引終了後の時間外取引でテスラの株価は一時5.3%高となった。
  
  一方、ウェドブッシュ・セキュリティーズのアナリスト、ダニエル・アイブス氏は株主総会後にまとめた調査リポートで、今年7-12月(下期)の「収益性と共に『モデル3』の世界的な需要が4-6月期に改善しつつあるかを見極める必要がある」と分析した。

原題:Musk Tells Tesla Shareholders Consumer Demand Not a Problem (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE