コンテンツにスキップする

モルガンSとシティグループの首脳、トレーディング減速に警鐘

  • モルガンSのゴーマンCEO:ここ2週間はかなり厳しい状況だった
  • シティグループCFO:トレーディングと投資銀行業務は減収へ

ウォール街の金融機関幹部らは6月の厳しいスタートの後、顧客の取引が落ち込み、トレーディングと投資銀行業務の収入が縮小していると警鐘を鳴らし続けている。

  モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は11日にニューヨークで開かれた業界会議で、「第1四半期を上回れば、非常に驚くだろう」と述べ、「ここ2週間はかなり厳しい状況だった。それまでは堅調で、証券ビジネスにとって悪い四半期になることはないだろうが、この環境では現実的になる必要がある」と付け加えた。

  ゴーマン氏はマクロトレーディングは特に「課題を抱え」、企業の買収活動にも「波がある」と指摘した。一方、シティグループでは4-6月(第2四半期)の債券・株式トレーディング収入が前年同期比で百分率にすると「1桁台半ば」の減少となる公算が大きく、投資銀行手数料収入は10%台半ばの落ち込みになりそうだ。マーク・メイソン最高財務責任者(CFO)が同会議で明らかにした。

Trading Troubles

The biggest U.S. banks are bracing for drops in second-quarter trading revenue

Source: Company filings, executive commentary

  トランプ米大統領による複数の国との通商対立や米連邦準備制度による金利変更の可能性を巡る見通しなど最近の展開を受け、市場は今四半期に大揺れしている。ゴールドマン・サックス・グループのデービッド・ソロモンCEOは11日にCNBCとのインタビューで、今四半期は「浮き沈みが激しい」とコメント。トレーディング収入の見通しには言及しなかった。

原題:Morgan Stanley, Citi Sound Warning Bell on Trading Slowdown (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE