コンテンツにスキップする

日韓関係「悪い」が大幅増、両国の厳しい状況を反映-言論NPO調査

  • 日本人で韓国の印象「良い」は過去最低、理由は歴史問題への批判
  • 韓国人で日本に「良い」印象が増加、訪日経験が4割超に
安倍首相

安倍首相

Photographer: Kazuhiro Nogi/AFP
安倍首相
Photographer: Kazuhiro Nogi/AFP

日韓両国で実施された世論調査で、現在の日韓関係を「非常に悪い」「どちらかといえば悪い」と回答した人が両国とも6割を超えた。特に日本人は63.5%と昨年の40.6%から約23ポイントも増加した。

日韓両国民が関係悪化を実感

日韓関係は「悪い」が両国とも6割超に増加

出所:言論NPO

  日本の特定非営利活動法人「言論NPO」が12日、韓国のシンクタンク、東アジア研究院(EAI)との共同調査結果を発表した。韓国人で日韓関係を「非常に悪い」「どちらかといえば悪い」とした人も、66.1%と昨年より約11ポイント増加した。両国関係を「非常に良い」「どちらかといえば良い」と見る人は、日本人で6.1%、韓国人では3.7%しかいなかった。

Inside Amorepacific Corp. Store And General Retail as Bank of Korea Holds Benchmark Interest Rate Amid Growth Optimism

ソウル市内の化粧品店で買い物する日本人旅行客

Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

  日韓関係を巡っては、昨年秋以降、日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟や、韓国艦艇による自衛隊機へのレーダー照射事案など両国が対立する場面が続いた。慰安婦問題でも2月、韓国の文喜相国会議長が当時の天皇陛下(現在の上皇さま)の謝罪で解決すると発言し、日本政府が抗議。2019年の外交青書では、日韓関係について「非常に厳しい状況に直面している」との認識を示した。

  相手国に対する印象に関しては、日本人で韓国に「良い」「どちらかといえば良い」とした人が20%と13年の調査開始以来、最低となった。一方、韓国人で良い印象とした人は、31.7%と昨年の28.3%から増加し、過去最高だった。

日本人の韓国への印象、「良い」は過去最低の2割

韓国人の日本への「良い」印象は3割超で上昇傾向

出所:言論NPO

  日本人で韓国に良い印象を持つ理由で最も多いのは「韓国の食文化や買い物が魅力的だから」で、良くない印象を持つ理由は「歴史問題などで日本を批判し続けるから」だった。韓国人が日本に良い印象を持つのは「日本人は親切で誠実だから」が最も多く、良くない印象を持つのは「韓国を侵略した歴史について正しく反省していないから」が多かった。

  言論NPOの工藤泰志代表は、相手国に対する印象に差が生じた背景として、渡航経験の有無を指摘する。日本人で韓国に行ったことがあると回答したのは22.5%で、訪問時期は「11年以上前」が47.1%と最も多かった。韓国人で日本を訪問したことがある人は42%と半数に迫っており、時期も「5年以内」とした人が7割を超えている。
  
  世界の中で自国との関係が重要だと思う国はどこかとの問いに対しては、日本人は米国が67.8%と最も多く、中国が5.9%と続いた。韓国人でもトップは米国の55.5%、2番目は中国で33.3%だった。軍事的な脅威を感じる国については、両国民とも北朝鮮、中国の順だったが、日本人が3番目をロシアとしたのに対し、韓国人は日本を3番目の脅威とした。

  世論調査は、日本では5月18日から6月2日まで、韓国では5月15-27日まで全国で実施。日本は18歳以上、韓国は19歳以上の男女を対象に行った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE