コンテンツにスキップする

イタリアが新発20年債発行へ、低い国債利回りを利用-関係者

欧州全域に見られる長期借り入れコストの低下を利用しようと各国が国債入札を実施する中、域内でも特に過大債務を抱えるイタリアもその流れに乗るべく20年債の新発債を発行する。

  公に話す権限がないとして匿名を条件に述べた事情に詳しい関係者1人によると、イタリアは今年3度目となるシンジケート団を通じた2040年償還債を発行する。モルガン・スタンレーやモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ、ナットウエスト・マーケッツ、野村ホールディングス、ソシエテ・ジェネラルが主幹事に選ばれたという。これを受け、イタリア債先物は下落した。

原題:Italy, Spain Plan Bond Sales to Take Advantage of Yield Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE