コンテンツにスキップする

ドイツ経済にリセッションの脅威、投資家信頼感が急低下

  • センティックス指数が2010年以来で初めてマイナス圏に
  • ユーロ圏の信頼指数も低下、米中貿易戦争がエスカレート

保護主義がエスカレートする中、輸出大国のドイツはリセッション(景気後退)リスクにさらされていると、ドイツの調査会社センティックスが報告した。

  投資家を対象に調査したドイツ経済への信頼感指数は2010年以来の低水準に下げ、リセッションが「間近に迫っている」ことが示唆された。ユーロ圏を対象にした信頼感指数も低下した。

Investors' view of Germany has deteriorated amid trade war

  センティックスの指数は広範な経済指標ではなく投資家の信頼感を示しているが、経済指標でもドイツ経済の不振が示されている。

  米中貿易戦争や欧州に対する追加関税の脅威が信頼感を押し下げた主な要因とされ、「2018年末から19年初めにかけて見られた景気の弱さはすぐ消えるとの期待はなくなったようだ」と、センテックスは指摘した。

原題:Germany Gets a Recession Warning as Investor Confidence Plunges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE