コンテンツにスキップする

歴史に学ぶ、米利下げ局面で最善はスイス・フラン-JPモルガン

  • フラン見通し修正、1ドル=0.95フランに-従来予想0.98フラン
  • フラン、過去1カ月間でドルに対して2.2%の値上がり

米金融当局が利下げに踏み切るとの見方が強まる中、スイス・フランの強気派は歴史を味方につけた。

  JPモルガン・チェースによると、過去4度の米利下げ局面で最も値上がりした通貨はフランだった。米国債利回りが低下する一方で、フランはすでに上昇している。過去と同じパターンが繰り返されるかもしれない兆しだ。

  JPモルガンの為替ストラテジスト、ポール・メジェッシ氏はリポートで「世界景気や高リスク市場の低迷は、フランの上昇を加速させる可能性がある」と指摘した。

Franc will be a winner if rates drop, JPMorgan says

  メジェッシ氏は米金融当局による緩和策の可能性が織り込まれ、フランは1ドル=0.95フランまで上昇すると予想する。これは昨年3月以来の高値となる。JPモルガンは従来、0.98フランを目標としていた。金利先物市場の動向によると、今後12カ月間で78ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利下げの可能性が見込まれている。

  米国が中国など貿易相手国と通商問題で対立するなかリセッション(景気後退)リスクは上昇し、投資家は安全とされる通貨に資金移動を急いでいる。過去1カ月間でフランは対ドルで2%超値上がりした。これは主要10カ国通貨の中で最も高い上昇率だった。

原題:Swiss Franc Is Best Bet in History of Fed Easing, JPMorgan Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE