コンテンツにスキップする

ECB、利下げや量的緩和再開の用意ある-レーン氏

  • フォワードガイダンスと物価安定目標達成との連動性強化も
  • 利下げなら銀行への悪影響を緩和する措置を同時に講じる可能性

景気てこ入れのために必要であれば、欧州中央銀行(ECB)は利下げ、債券購入の再開、超低金利維持のガイダンス強化などを行う意思があると、政策委員会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁が述べた。

  レーン氏は11日ヘルシンキで、「政策委員会は行動すると決意しており、必要に応じてすべての政策手段を調整する用意がある」と言明した。先週の政策決定会合での分析からはユーロ圏経済に対する外的リスクが早期には去らないことが分かったとも述べた。

  利下げの場合は銀行への悪影響を「緩和するために取り得る措置」が同時に講じられる可能性があるとし、一部の超過準備についてマイナスの中銀預金金利を免除する議論に言及した。「景気動向から必要だと判断すれば、フォワードガイダンスとその物価安定目標達成との連動性を強化することもあり得る」とも語った。

  ECBは先週、現行の低金利を維持する期間のガイダンスを6カ月延長し、少なくとも2020年半ばまでとした。

原題:ECB’s Rehn Says Toolkit Still Includes Rate Cuts and More QE(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE