コンテンツにスキップする

米主要企業の利益、2020年に回復せず-モルガン・スタンレー見通し

  • S&P500種構成銘柄の利益見通しを5%引き下げ-貿易のリスクで
  • 企業業績悪化で株式市場は米金融当局頼みの状態に

モルガン・スタンレーは来年の米企業の利益見通しを下方修正した。貿易摩擦の激化が脆弱(ぜいじゃく)な世界経済をさらに下押しすると見込んだためだ。

  マイク・ウィルソン氏率いるストラテジストチームはS&P500種株価指数の構成銘柄の2020年の1株利益が162ドルになると予想。これは19年見通しと同水準となる。これまでは5%増を見込んでいた。予想通りであれば、米企業は2年連続で利益が伸びないことになる。ウォール街では今年の減益を見込む同氏らに同調する見方が増えている。

  ウィルソン氏は顧客向けリポートで、「貿易摩擦が悪化しなかったとしても、われわれの利益モデルは向こう1年の1株利益見通しについて既にマイナスの伸びを示していた」と説明。「貿易摩擦は利益下振れに拍車を掛ける」と記した。

Growth Under Threat

Analysts expect S&P 500 earnings to be stuck this quarter and next

Source: Bloomberg

  S&P500種株価指数は先週4.4%上昇と、週間ベースで昨年11月以来の大幅な上げを記録した。5月の非農業部門雇用者数が予想を下回り、米金融当局が7月にも利下げするとの観測が広がった。

  ウィルソン氏は、利下げ観測を受けて株価は持ちこたえているが、市場が勢いを維持するには基礎的なデータの安定が必要だと指摘した。

原題:Morgan Stanley Sees No 2020 Rebound in S&P 500 Company Profits (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE