コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

FOMCが市場を失望させたら-備えるデリバティブをUBSが提案

  • 提案するのは出資額が10倍になるマルチアセットデリバティブ
  • このリターンに必要な債券と株式相場の動きは驚くほど小さい
The Marriner S. Eccles Federal Reserve building stands in Washington, D.C., U.S., on Monday, April 8, 2019. The Federal Reserve Board today is considering new rules governing the oversight of foreign banks. Chairman Jerome Powell said the Fed wants foreign lenders treated similarly to U.S. banks.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

米連邦公開市場委員会(FOMC)のハト派姿勢が債券相場を押し上げ株式相場の追い風になっているかもしれないが、UBSグループはこの蜜月が続かない場合のための戦略を提案している。

  同社は米国債利回りが記録的低水準から上昇し株価上昇に歯止めをかけた際に10倍のリターンを上げられるエキゾチックデリバティブを売り込んでいる。

  米連邦準備制度が今年利下げサイクルを開始すると市場が確信する中で、債券主導のリスク資産に対するタントラム(かんしゃく)発生のハードルは下がっている。

  そこでウォール街は、米債と米株の複雑な関係に賭ける商品をヘッジファンドや機関投資家に提供しようとする。

UBS pitches exotic option that bets on rising rates sinking stocks

  UBSの株式デリバティブ戦略責任者、ピート・クラーク氏はインタビューで「今では年内に3回の利下げが見込まれているが、当局がこれを満たすのは極めて難しく、まして超えるのは無理だ」とし、「金融緩和が市場予想に届かず、株価の下振れリスクを増幅させる危険は絶対にある」と分析した。

  UBSが提案するのは、10年物スワップレートの上昇に伴いS&P500種株価指数が幾分低下した場合に出資額が10倍になるマルチアセットデリバティブ。このリターンを得るのに必要な債券と株式相場の動きは驚くほど小さい。UBSが最近示したモデルによると、9月までに10年物レートが現行水準から23ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)程度高い2.34%になり、株式相場が1%低下すればいい。

  金融緩和が予想ほどでない場合に米国債利回りが上昇するのか、また債券利回りが上昇したときに株価が下落するのかは疑問だが、トレーダーらは現在、利下げ観測を強めていることから、失望が生じればリスク資産に大きな打撃を与えかねない。

原題:Betting on Fed Disappointment? Exotic Derivatives Do Just That(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE