コンテンツにスキップする

トランプ氏が競争巡り疑念-ユナイテッド・テクのレイセオン買収計画

  • 米大統領は請負業者の間で競争が失われること懸念
  • 司法省は事業売却を求める可能性も断固反対しない-キャピタルA

トランプ米大統領は10日、ユナイテッド・テクノロジーズによるレイセオン買収計画について、競争上の疑念を呈した。業界で過去最大級の案件となった今回の計画が実現すれば、売上高740億ドル(約8兆200億円)の巨大航空宇宙・防衛企業が誕生する。

  トランプ大統領はCNBCとのインタビューで「合併すると聞いているが、さらなる競争を奪うことにならないか」と語った。米当局が買収計画差し止めを求めるかどうかを問われると、両社が販売する製品に重複がある可能性に言及した。

  ユナイテッド・テクのグレッグ・ヘイズ会長兼最高経営責任者(CEO)は10日中にトランプ大統領と協議する方針だと語った。

  一方、キャピタル・アルファ・パートナーズのアナリスト、バイロン・キャラン氏は9日付リポートで、重複している分野で米司法省が小規模な事業売却を求める公算があるとしながらも、同省が「買収に強く反対することはないだろう」と記した。

原題:Trump Questions Whether UTC-Raytheon Deal Hurts Competition(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE