コンテンツにスキップする

トランプ氏、仏産ワインに対する関税で「何かしら」の行動を表明

  • 米国はフランス産ワインにほとんど課税していない-トランプ氏
  • EUはワイン1本に11-29セントを課税、米国は最低5セント

トランプ米大統領はフランス産ワインが事実上、関税なしで米国への輸入が認められているのに対し、米国がフランスに輸出するワインには関税が課されているのは不公平だとして、「何かしら」行動を起こすと約束した。

  トランプ大統領は10日、米CNBCとのインタビューで「フランスは米国に対し、ワインに多額の税金を請求する。しかし米国はフランス産ワインに対してほとんど課税していない」と述べた。大統領は先週、フランスのノルマンディーを訪問していた。

  大統領は以前もフランスによる対米国産ワインの関税に不満を表明していたが、行動は起こしていなかった。

  カリフォルニア州ワイン業者の支援団体「ワイン・インスティテュート」によると、米国は750ミリリットルのワイン1本に対して5セント、スパークリングワインに同14セントの税金を課している。一方、欧州連合(EU)は輸入ワインに対して1本当たり11ー29セントの関税を賦課している。

原題:Trump Says U.S. Will ‘Do Something’ About French Wine Tariffs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE