コンテンツにスキップする

英トーマス・クックに筆頭株主の復星が事業買収案-両社の株価上昇

  • 香港上場の復星はトーマス・クックにすでに約18%出資
  • 復星の旅行事業部門は高級リゾートブランド「クラブメッド」を保有

世界で最も歴史のある旅行代理店、英トーマス・クック・グループは10日、筆頭株主である中国の複合企業、復星国際からツアー事業の買収案を示されていることを認めた。同日の英株式市場で、トーマス・クック株は大きく上げている。

  トーマス・クックの発表資料によれば、同社に約18%出資している香港上場の復星がツアー運営事業買収に向け予備的な申し入れをし、協議が進んでいる。スカイニューズは8日、両社間で買収協議が行われていると報じていた。

  トーマス・クック株は一時24%高を記録。復星の旅行事業部門は高級リゾートブランド「クラブメッド」を保有。復星の株価は10日の香港市場で一時5%を超える上げとなった。

原題:Thomas Cook Surges After Confirming Talks With China’s Fosun(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE