コンテンツにスキップする

バンク・オブ・アメリカのインターン、今年は同行史上最も多様

  • 今夏のインターンに占める女性の割合47%-昨年の45%から上昇
  • 「ダイナミックで創造的、革新的な組織をつくるには多様性が必要」
A man walks past an automated teller machine (ATM) outside Bank of America Corp. headquarters in Charlotte, North Carolina.
A man walks past an automated teller machine (ATM) outside Bank of America Corp. headquarters in Charlotte, North Carolina.

Photographer: Chris Keane/ Bloomberg

A man walks past an automated teller machine (ATM) outside Bank of America Corp. headquarters in Charlotte, North Carolina.

Photographer: Chris Keane/ Bloomberg

バンク・オブ・アメリカ(BofA)には今月、1500人以上のインターンがやって来る。その顔ぶれは同行の歴史の中で最も多様性に富んでいる。

  今夏のインターンに占める女性の割合は47%と、昨年の45%から上昇。米国でインターンとなる中で白人以外の人は57%。2018年は55%だった。BofAが7日明らかにした。

  候補者を絞り込むためのビデオインタビュー導入で、より多くの大学からの候補者からインターンを選ぶことができたほか、歴史的に黒人の多い大学やヒスパニック系の教育機関、アフリカの大学からも候補を募った。

  「ダイナミックで創造的、革新的な組織をつくるにはダイバーシティー(多様性)が必要だ」とグローバル人材獲得担当幹部のクリス・ペイトン氏は説明している。

  インターンたちはBofAで10週間を過ごす。米国でのインターンのためのオリエンテーションは先週スタートした。アジア太平洋地域では10日に始まり、欧州・中東・アフリカは17日から。

原題:BofA’s Interns Will Be the Most Diverse in the Company’s History(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE