コンテンツにスキップする

欧州中銀、インフレのコントロールで投資家の信頼失う恐れ

  • 市場ベースのインフレ期待の指標が過去最低を更新
  • 中銀スタッフはインフレ期待のトレンドを強く懸念-当局者

欧州中央銀行(ECB)内では投資家が同中銀のインフレ見通しを信頼しなくなっているとの恐れが強まっており、ECBがますます刺激策に頼らざるを得なくなる悪循環に陥る可能性が懸念されている。

  事情に詳しい複数の当局者によれば、ユーロ圏各国中銀のスタッフは市場のインフレ期待が「定着しなくなっている」と懸念している。中銀スタッフは、ECBが政策金利を現状の低水準にとどめる期間を延長することを決め、必要ならさらに措置を講じるとしたにもかかわらず、市場のインフレ期待を示す指標が過去最低となったことを指摘した。

  こうしたセンチメントは、ドラギECB総裁のインフレ期待は下がり過ぎていないとした6日の見解と対照的だ。ECB報道官はコメントを控えた。

Euro-area inflation expectations keep sinking

  インフレ期待の定着は中銀にとっては非常に重要な意味を持つ。投資家や消費者が中銀の目標達成能力を疑問視すれば、中銀は信用を失うことになる。そうなれば不安は拡大し、需要の縮小や経済の一段の弱体化、下振れ傾向の強まりにつながり得る。

原題:ECB Risks Loss of Faith With Investors Over Inflation Control(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE