コンテンツにスキップする

1-3月期GDPは年率2.2%増に上方修正-設備投資上振れ

更新日時
  • 設備投資は0.3%増に上方修正、個人消費は0.1%減と横ばい
  • 必ずしも良い内容ではないという評価は変わらず-野村証の美和氏
Employees operate machinery to stack coils of aluminum strip for packaging at the Tokiwa Koutai Co. processing plant in Tokyo. 

Employees operate machinery to stack coils of aluminum strip for packaging at the Tokiwa Koutai Co. processing plant in Tokyo. 

Photographer: Kiyoshi Ota / Bloomberg

Employees operate machinery to stack coils of aluminum strip for packaging at the Tokiwa Koutai Co. processing plant in Tokyo. 

Photographer: Kiyoshi Ota / Bloomberg

2019年1-3月期の実質国内総生産(GDP)改定値は、設備投資の上振れを主因に速報値から上方修正された。市場予想通りだった。4月のモノやサービスを含む海外との総合的な取引を示す経常収支は、58カ月連続の黒字となった。内閣府と財務省がそれぞれ10日発表した。

キーポイント

1-3月期GDP改定値は前期比0.6%増と速報値(0.5%増)から上方修正(ブルームバーグ調査の予想中央値は0.6%増)
  • 年率換算は2.2%増、速報値(2.1%増)から上方修正(予想は2.2%増)
  • 個人消費は0.1%減、速報値(0.1%減)から変わらず(予想は0.1%減)
  • 設備投資は0.3%増、速報値(0.3%減)から上方修正(予想は0.5%増)
4月の経常収支は前年同月比9.5%減の1兆7074億円の黒字(ブルームバーグ調査の予想中央値は1兆5145億円の黒字)-58カ月連続の黒字
  • 輸出から輸入を差し引いた貿易収支は982億円の赤字(予想は50億円の黒字)-3カ月ぶりの赤字
  • 海外配当金や債券利子などの第1次所得収支は9.6%増の2兆1303億円の黒字

GDPと設備投資の推移

エコノミストの見方

野村証券の美和卓チーフエコノミスト:

  • 速報と同じく、輸入の大きな減少が全体のプラス成長を支えている構図は変わっていない。必ずしも良い内容ではないという評価は、改定後も変わっていない
  • 米中貿易摩擦がもたらす不確実性で、企業投資の設備投資に対する姿勢が今後慎重になる可能性がある。皮肉にも今回良かった部分が、先行きに関して、強い数字が維持されるかどうか一段と不確実になってしまった図式
  • 1-3月期GDPは見かけが良い。この統計そのものによって消費増税は一段と予定通り実施される可能性が高くなった

大和証券の岩下真理チーフマーケットエコノミスト:

  • 設備投資の上方修正は予想されたが、住宅投資、公共投資の下方修正で相殺された。全体の成長感は変わらない
  • 1-3月については内需が強いと言えるレベルではない。4-6月については、米国が対中関税第3弾を発動したデータがまだ入っていない。5月が弱くなるとすると、全体がマイナスになる可能性が高くなる
  • 外需の弱さを内需が支えられるかのせめぎ合いになる

詳細

  • GDP改定値は設備投資の改善を反映、特に小売り、卸売り、サービスのような非製造業。一方、製造業の設備投資はそれほど強くない-内閣府担当者
    • 内需と外需の寄与度に大きな変化はなかった
    • 輸出と生産は引き続き弱さがみられるが、内需は改善し、労働市場は堅調に推移している
  • 貿易収支の赤字転化で経常収支の黒字幅が縮小-財務省担当者
    • 貿易収支の赤字転化は3カ月ぶり
    • 中国向け半導体関連の輸出が減少、油価上昇に伴い輸入が増加

背景

  • 1-3月期法人企業統計では、GDP改定値に反映されるソフトウエア除く設備投資が前年同期比6.9%増と10四半期連続のプラス。人手不足による省力化投資などで非製造業がけん引し、市場予想を大幅に上回った
  • 政府は5月の月例経済報告で日本経済の総括判断を2カ月ぶりに下方修正する一方、景気は「緩やかに回復している」との見方を維持
  • 4月の景気動向指数速報値は、一致指数が2カ月ぶりに上昇。ただ、基調判断は景気後退の可能性が高いことを示す「悪化」に据え置かれた。「悪化」判断は2カ月連続


(詳細を追加し、エコノミストコメントを差し替えて更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE