コンテンツにスキップする

ECBは必要なら域内経済支援の追加措置講じる-ビスコ伊中銀総裁

  • 福岡G20でブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じる
  • ECBの金融政策スタンスは非常に期待できるとビスコ氏

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーであるイタリア銀行(中央銀行)のビスコ総裁は、貿易などのリスクがユーロ圏の経済見通しを悪化させる恐れがあれば、ECBは域内経済を支援する追加措置を講じるだろうと述べた。

Day Two of the G-20 Finance Ministers and Central Bank Governors Meeting

福岡G20でのビスコ・イタリア中銀総裁(9日)

写真家:太田清/ブルームバーグ

  福岡市で開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席したビスコ氏は9日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、「予想通り事が進まなければ、われわれが行動することは疑いない」と発言。 「ECBの金融政策スタンスは非常に期待できると私は思う。それは間違いない」と語った。

  同氏はまた、ECBが6日に発表した銀行向け長期資金供給プログラム(TLTRO)について、「TLTROは銀行の資金調達が難しい場合に支援するためのものだ」と発言。「これはスタンスを一段と拡張的にするためにわれわれが恒常的に使うツールではないと思う。現在のわれわれの拡張的スタンスの一部だ」と語った。

原題:Visco Says ECB Will ‘Certainly’ Act to Support Growth If Needed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE