コンテンツにスキップする

アメリカン航空、737MAX運航停止期間を延期-9月3日まで

  • 約115便が運休に、顧客は他の便を予約するか払い戻し要求が可能
  • サウスウエストは8月5日、ユナイテッドは同月3日に運航再開予定
An American Airlines 737 Max sits at the gate at LaGuardia airport on March 13, 2019 in New York. 

An American Airlines 737 Max sits at the gate at LaGuardia airport on March 13, 2019 in New York. 

 Photographer: Don Emmert/AFP via Getty Images

An American Airlines 737 Max sits at the gate at LaGuardia airport on March 13, 2019 in New York. 

 Photographer: Don Emmert/AFP via Getty Images

アメリカン航空グループは9日、ボーイング737MAXの運航休止期間を2週間延長すると発表した。同型機は2件の墜落事故を起こした後、3カ月近くにわたり世界中で運航停止となっている。

  発表資料によれば、アメリカンがMAXの運航停止を9月3日まで継続するのに伴い、約115便が運休となる。従来は8月19日までとしていた。同型機の運航で米国最大のサウスウエスト航空は8月5日に運航を再開する予定で、ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスも同月3日の運航再開を計画している。

  運休延長の影響を受ける顧客は他の便を予約するか、全額払い戻しを求めることができる。

原題:American Air Extends Boeing Max Cancellations Through Sept. 3(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE