コンテンツにスキップする

メキシコ・ペソ反発、米国の関税見送り合意で-安全資産離れで円下落

  • 米ドルはメキシコ・ペソに対し一時2%下落-アジア時間10日早朝
  • トランプ大統領は7日遅く、対メキシコ関税「無期限停止」を発表

メキシコ・ペソはアジア太平洋時間10日早朝に対ドルで反発。米国による新たな対メキシコ関税計画の発動を回避する合意がまとまったのを受け、ペソが買われた。一方、安全資産からの資金離れの動きが円やスイス・フランの重しとなった。

  トランプ米大統領が7日遅く、メキシコ製品に対する5%の関税計画を「無期限で停止する」と発表したことから、米ドルは一時2%下落し、1ドル=19.2299ペソ。ドルは円に対して一時0.4%上昇し、1ドル=108円67銭を付けた。

  ペソはトランプ大統領による対メキシコ関税計画が嫌気され先週、年初来安値を付けていた。ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズの通貨戦略責任者、ニック・ベネンブローク氏は、米国のメキシコの合意が「間違いなく市場に安堵(あんど)感をもたらす」と述べ、ペソが今後数日で1ドル=19ペソに達する可能性があると予想した。

Tariff threat hit the peso, but much of that move has been reversed
Mexico's peso has seen a number of major selloffs since 2016

原題:Peso Rebounds on U.S.-Mexico Tariff Truce as Haven FX Retreats(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE