コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国、重要技術の対米輸出制限か-技術巡る安保リスク管理制度を計画

  • 発改委が技術に関するリスト化制度構築へ-新華社通信
  • 一部技術の対米輸出は管理下に置かれると環球時報編集長
Components are displayed on a circuit board at the Qualcomm Inc. booth at the Mobile World Congress Shanghai in Shanghai, China, on Thursday, June 28, 2018. The exhibition runs through June 29.
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

米中貿易戦争が激化する中、中国は技術に関する国家安全保障へのリスクを低減する新たな制度を計画している。中国国営の新華社通信が報じた。

  新華社の8日の報道によると、中国の国家発展改革委員会(発改委)は「国家安全保障リスクをより効果的に防止・除去する」ためのリスト化制度構築の責務を担うことになった。新華社は同制度の詳細は近く示されると伝えた。

  今回の措置は米国が華為技術(ファーウェイ)の米国への機器販売や米サプライヤーのファーウェイへの供給を制限したことを受けたもの。これにより、米中の交渉が滞る中で両国の対立の局面は関税問題以外にも拡大した。

  中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報(グローバル・タイムズ)の胡錫進編集長は8日のツイッター投稿で、「私の知る限りでは、中国は自国の重要技術を保護する管理メカニズムを構築しようとしている」と述べ、「これは制度改善への大きな一歩であり、また米国の規制への対抗措置でもある。これが発効すれば、米国への一部技術の輸出は管理下に置かれるだろう」と、情報源を明示せずに伝えた。

  胡編集長は中国の国際問題に関して、匿名の中国高官を引用してしばしばツイートしている。環球時報の論調は必ずしも中国指導部の見解を反映していないが、胡編集長は当局者が話せない見解を同紙は代弁すると説明してきた。

原題:China Plans to Create a Technology Security Management System(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE