コンテンツにスキップする

監査報告に基づくルノーのゴーン前会長への手続き着手に驚く-弁護士

  • ルノーでゴーン前会長の下で働いていた2人の弁護士がコメント
  • 前会長には監査報告で提起された質問に答える機会がなかったと主張

フランスの自動車メーカー、ルノーのカルロス・ゴーン前会長に対して同社の取締役会が監査報告に基づき手続きを始めたことを聞いて驚いたと、前会長の弁護士2人がコメントした。

  ルノーでゴーン前会長の下で働いていたジャンイブ・ルボルニュ、フランソワ・ジムレ両弁護士は9日の発表文で、前会長にはこの監査報告で提起された質問に一切答える機会がなかったと主張した。

  「ゴーン氏が受け取ることなく、こうした『監査』の中身が何カ月もメディアに出回っているのはショッキングだ」と指摘し、「ゴーン氏は自らの見解を表明する機会が与えられている限りにおいて、必要かつ明瞭な情報全て」を提供する意思があると説明した。

  ルノーと日産自動車を中心に両社の統括会社「ルノー日産BV(RNBV)」に対する監査が進められ、財務面で「不備」があることが確認された。ルノーは4日、特に1100万ユーロ(約13億4900万円)の支出の大半について、ゴーン前会長に絡んだものだったと発表した。

原題:Ghosn Surprised to Hear of Proceedings Based on Audit Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE