コンテンツにスキップする

ユナイテッド・テクノロジーズとレイセオンが統合交渉-関係者

  • 統合は全て株式交換を通じて行われ数日以内に発表も-WSJ紙
  • 時価総額はユナイテッドが約1140億ドル、レイセオン約520億ドル

米国のユナイテッド・テクノロジーズレイセオンが事業統合に向け交渉しており、実現すれば巨大な航空防衛企業が誕生する。事情に詳しい関係者の1人が明らかにした。

  交渉を最初に報じた米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、統合は全て株式交換を通じて行われ、数日以内に発表される可能性がある。時価総額はユナイテッド・テクノロジーズが約1140億ドル(約12兆3300億円)、レイセオンは約520億ドル。

President-Elect Donald Trump Delivers Remarks After Touring A Carrier Manufacturing Plant

グレッグ・ヘイズ氏

写真家:Daniel Acker / Bloomberg

  ユナイテッド・テクノロジーズのグレッグ・ヘイズ最高経営責任者(CEO)が新会社のCEOとなり、レイセオンのトーマス・ケネディCEOが会長に就任する見込みだとWSJは伝えた。

  ユナイテッド・テクノロジーズの広報担当者はコメントを控えた。レイセオンの広報担当には営業時間外にボイスメールでコメントを求めたが返答はなかった。

原題:United Technologies, Raytheon Are Said to Be in Deal Talks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE