コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数が低下-雇用伸び鈍化で金融政策への影響見極め

7日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が低下。雇用の伸び鈍化が金融政策に及ぼす影響を見極めようとするムードが広がった。同指数は週間ベースでは、2018年3月以来の大幅低下となる。この日は米国株式相場が上昇し、米国債も買われた(利回りは低下)。

  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は一時、4月18日以来の低水準となった。月間ベースで5月まで4カ月連続で上昇していたが、6月最初の週は軟調だった
  • 5月の米非農業部門雇用者数は前月比7万5000人増にとどまった。ブルームバーグがまとめた市場予想中央値は17万5000人増
    • 同統計発表を受け、7月利下げの観測が強まった。
    • 米国株は上昇。10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し、2.08%
  • 通商問題も引き続き相場の注目材料。トランプ大統領はメキシコとの取引が成立する可能性は十分に高いとツイートした。それより前にホワイトハウス高官は、メキシコへの関税発動に向けた計画を進めているが、週末に発動先送りを決める可能性もあると述べた
  • ドルは7日、主要10通貨全てに対して下落。週間ベースでも同じく10通貨全てに対して下げた
  • ニューヨーク時間午後4時15分現在、ドル指数は0.2%低下。週間ベースでは0.8%低下
  • ドルは対円では0.2%安の1ドル=108円16銭
  • ユーロはドルに対して0.5%高の1ユーロ=1.1335ドル。一時は1.1348ドルと、3月22日以来の高値を付けた。週間では1.5%上げ、昨年8月以来の大幅上昇

欧州時間の取引

  ドルは主要10通貨の大半に対して上昇した。米雇用統計の発表を控え、ショートポジションを縮小する動きが見られた。ドル・円は1ドル=108円40銭台での推移が中心だった。

原題:Dollar Set for Worst Weekly Drop Since March 2018: Inside G-10(抜粋)
Dollar Pares Weekly Decline Before NFP; Pound Gains: Inside G-10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE