コンテンツにスキップする

「ブラックピンク」ファンの怒り、オンラインモール調査につながる

  • イベント巡るキャンペーン、ソーシャルメディアでファンが不満示す
  • ショッピー・フィリピンは7日、ツイッターで謝罪した

中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)も出資するシーのオンラインモール「ショッピー」を巡り、フィリピン貿易産業省が調査を始めた。Kポップの女性グループ「ブラックピンク」のファンがイベントに関するキャンペーンがおかしいと批判していることを重視した。

  ロペス貿易産業相はCNNフィリピンとのインタビューで、同省としてショッピーに対して処分や影響を受けた顧客への返金命令を検討していることを明らかにし、「消費者を守る必要があり、誰に責任があるのか知る必要がある」と語った。

Rose,Lisa,Jisloo

「ブラックピンク」

写真家:Amy ハリス / Invision / AP Photo

  「ブリンクス」と自らを呼ぶブラックピンクのファンたちはソーシャルメディアで、ショッピーがオンライン上で行ったキャンペーンに不満をぶつけた。最も多くお金を遣ったキャンペーン参加者がブラックピンクと会って最後にはサインをもらえるとうたっていたが、締め切り日など条件が変更され、チケットが勝手に取り消されていたとファンらは主張。「#ShopeeScam (ショッピー悪徳商法)」とのハッシュタグが6日夜にはトレンド上位に入った。

  ショッピー・フィリピンは7日、イベントに期待されていた「高い基準を満たさなかった」とツイッターで謝罪。影響を受けたファン全員と連絡を取り、再発防止措置を講じると約束した。

原題:Angry K-Pop Fans Spur Probe Into Tencent-Backed Online Mall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE