コンテンツにスキップする

米国債利回りは年末までに1.25%に、過去最低更新-コメルツ銀が予想

  • いったん緩和開始なら市場はより積極的な行動織り込む見通し
  • 当局の今週の会議受けて9、12、来年3月の利下げを見込む

米国債にはまだ値上がり余地がたっぷりあり、10年債利回りは年末までに過去最低を更新するだろうと、コメルツ銀行が予想した。

  金利・クレジット調査責任者のクリストフ・リーガー氏は、政策ツールと戦略に関する今週の連邦準備制度の会議は、景気の下降局面が迫っていると判断すれば米金融当局が弾薬を温存しようとはしないことを明らかにしたと指摘。したがって、当局は緩和について積極的に行動するだろうと予想した。

  「しかし、当局が緩和を開始すれば、市場はそこで止まらないだろう」と同氏は6日のリポートに記述。「より積極的で予防的な当局の行動を織り込むだろう。これが米国債利回りを過去最低に押し下げるとみられる」と説明した。

Ten-year Treasury to hit 1.25%, Commerzbank projects

  同氏は10年物米国債の利回りが年末までに1.25%になると予想。アジア時間7日の取引では2.12%前後だった。

  コメルツ銀は4,5両日のシカゴでの会議後に米利下げ予想を前倒しし、 9、12、来年3月の利下げを見込んでいる。

原題:U.S. Yields Will Hit Record Lows by Year-End, Commerzbank Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE