コンテンツにスキップする
Photographer: Akio Kon

円とフランは上昇の公算、貿易摩擦で直接投資鈍化なら-ゴールドマン

  • イスラエルとオーストラリア、ブラジルは逆風に直面か-パンドル氏
  • スイスと日本の通貨は過去1カ月のリターンがG10通貨で上位に
Japanese 10,000 yen banknotes are arranged for a photograph in Kawasaki, Kanagawa Prefecture, Japan, on Tuesday, July 9, 2013. Economists are ditching forecasts for the Bank of Japan to further expand its record easing this year amid signs that a recovering economy may spur inflation.
Photographer: Akio Kon

ゴールドマン・サックス・グループによると、世界的な貿易摩擦を受けて国境を越えた直接投資活動の減速に拍車が掛かった場合、円とスイス・フランが恩恵を受ける可能性がある。

  日本とスイスは世界最大の対外直接投資(FDI)の供給源であるため、それが冷え込めば両国からの資金流出を妨げ、両国の通貨を押し上げる可能性がある。ストラテジストのザック・パンドル氏が6日付の顧客向け文書でこう分析した。逆に、FDIの受け手になる傾向のある国の通貨は圧迫され得るという。

  同氏は逆風に見舞われかねない国として、イスラエルとオーストラリア、ブラジルに言及。これらの国が受け取る年間FDIは国内総生産(GDP)の4%強に相当する。メキシコも貿易の先行き不透明感が続けば、国外からの投資が鈍化する恐れがあるという。

  関税を巡る不確実性やその他の経済的懸念が市場を揺さぶる中、スイス・フランは過去1カ月間のリターンがG10通貨で最高となっており、対ドルでは2.6%上昇。円は2番目に好調で、約2.1%値上がりしている。

原題:Goldman Says Yen and Franc Stand to Gain If Trade Woes Slow FDI(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE