コンテンツにスキップする

グーグルのゲームサービス「スタディア」、11月に9.99ドルで開始

更新日時
  • セガやユービーアイソフト、バンジーなどのゲームが利用可能に
  • 無料版ではプレーヤーが個々のゲームを購入できる
Attendees look at the Google Inc. Stadia game controller at the Game Developers Conference in San Francisco, California.

Attendees look at the Google Inc. Stadia game controller at the Game Developers Conference in San Francisco, California.

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Attendees look at the Google Inc. Stadia game controller at the Game Developers Conference in San Francisco, California.
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

米グーグルは、インターネットを通じたゲームのストリーミング配信事業で先行している。同社は他社に先駆けてゲームサービス「スタディア」の料金と新タイトルを発表した。

   アルファベット傘下のグーグルは3月にスタディアを発表。同サービスは11月に開始し、ユービーアイソフト・エンターテインメントやバンジーなど大手ゲーム開発会社のタイトルが提供される。スタディアのゲームライブラリーの利用料金は月額9.99ドル(約1100円)。無料版ではプレーヤーが個々のゲームを購入し、システムを通じてプレーすることが可能となる。

  今回発表された料金は、今後登場する他のストリーミングサービスを判断する基準になるだろう。米マイクロソフトとソニーも独自のシステムを構築するために提携しているが、サービスの料金は明らかにしていない。3月にストリーミングサービス「アーケード」を発表している米アップルも同様だ。グーグルの主要なライバルであるマイクロソフトはサービス開始時期を明らかにしていないが、年内に公開テストを始める予定。

開発会社

スタディアのゲーム

バンジーデスティニー2
エレクトロニック・アーツタイトル未発表
ロックスタータイトル未発表
セガフットボールマネージャー
2KNBA 2K、ボーダーランズ3
ユービーアイソフトアサシンクリード、ゴーストリコンブレイクポイント

原題:Google Stadia Game Service to Launch in November at $10-a-Month(抜粋)

(3段落目以降に背景や詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE