コンテンツにスキップする

【NY外為】円が上げ消す、米国がメキシコ関税先送り検討と報道

更新日時

6日のニューヨーク外国為替市場では、円が対ドルで上げを消した。米国がメキシコ製品への関税発動の先送りを検討していると伝わったことが、円など逃避先資産への重しになった。一方、ユーロは上昇。欧州中央銀行(ECB)の会合は市場が予想していたほどハト派的ではなかったと受けとめられた。

  • ニューヨーク時間午後4時34分現在、ドルは対円でほぼ変わらずの1ドル=108円49銭。一時は0.4%下落する場面もあった
    • 米当局はメキシコ製品への関税発動の先送りを検討していると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ただし、5%の関税が発動される可能性はなおある
    • これより先、20カ国・地域(G20)財務相会議に合わせて開かれるムニューシン米財務長官と麻生太郎財務相との会談で、米財務省は通貨安誘導を禁じる「為替条項」などについても議論したいとの意向を明らかにしたと朝日新聞が報じた
  • ユーロは対ドルで0.5%高の1ユーロ=1.1274ドル。一時は1.1309ドルと、4月17日以来の高値
    • 前日発表の米ADP民間雇用者数が市場予想より弱かったことから、7日発表される雇用統計は市場にとってリスク
    • ECBのドラギ総裁は「長引く不透明感」を挙げ、政策委員らは必要に応じて行動することを「決意している」と発言したものの、利下げ観測は後退しドイツ国債の利回りカーブはフラット化、ユーロは上昇した
    • 会合では数人の委員が利下げや量的緩和(QE)再開の可能性を提起したとし、追加QEのための「かなりの余地がある」と総裁は付け加えた。デフレの脅威はなくリセッション(景気後退)の可能性も極めて低いとも強調した
    • シティグループのエブラヒム・ラーバリ氏は「全体として、ECBは想定されていたほどハト派的ではなかった」ため、ユーロが上昇したとリポートで指摘。「ECBは見通しについて引き続き十分に楽観しているため、近い将来に政策調整が必要になることはなさそうだとの見解を示した。政策手段を示すというわれわれが予想していた決意も乏しかったため、市場は失望した」
  • ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%低下。前日は5営業日ぶりに上昇していた
Hedging the euro on an ECB decision day costs the most this year

欧州時間の取引

  ECBの政策決定を控え、ユーロが上昇。円も高い。米国とメキシコの貿易協議が前日中に合意に至らず、この日に持ち越されたことを受け、逃避先資産の需要が強まった。

原題:Yen Reverses Gains on Tariff News; ECB Buoys Euro: Inside G-10(抜粋)
Euro Gains Before ECB, Yen Rises on Trade Tensions: Inside G-10(抜粋)

(相場を更新し、新たな情報を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE