コンテンツにスキップする

カプラン総裁:米金融当局の行動が必要か判断には尚早ーリスク高まる

米ダラス連銀のカプラン総裁は「下振れリスクは高まったと思うが、何らかの行動が適切かどうかを判断するには時期尚早だ」と述べた。

  • 「もう少し時間をかけて」状況の展開を見守りたい
  • カプラン総裁はボストンカレッジでのイベントで発言
  • イールドカーブは「将来の成長が低迷するとの見込みを示している」
  • 「逆イールドは重要なことだと考えるが、逆転現象に一定の規模と期間があるかを見極める必要がある」
  • 備考:カプラン総裁は今年のFOMCで議決権を持たない

原題:Kaplan: Too Early to Judge If Fed Action Needed Amid Trade Risks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE