コンテンツにスキップする

中国の創業板指数、弱気相場入り-貿易戦争激化と競合市場が重し

  • 深圳の創業板指数、前日比2.4%安-4月の高値から20%超下落
  • 上海総合指数は前日比1.2%安と、4月の高値から14%下げている

6日の中国株式相場は下落。深圳上場のテクノロジー銘柄の小型株から成る創業板(チャイネクスト)指数が弱気相場入りした。米中貿易戦争の激化に加え、ライバルとなる新市場「科創板」が上海証券取引所で始まることが嫌気された。 

  創業板指数は前日比2.4%安で引け、4月の高値からの値下がり率が20%を超えた。同指数は2月後半、主要な中国株価指数の先陣を切って強気相場入りしていた。上海総合指数は前日比1.2%安と、4月の高値から14%下げている。

Tech-heavy ChiNext index enters a bear market

原題:China Small Caps Fall Into Bear Market as Trade War Takes Toll(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE