コンテンツにスキップする

アマゾン、新たな配送用ドローン発表-機体を傾け水平飛行

  • 6つのプロペラを使って垂直に離陸-飛行の仕方が独特
  • 数カ月以内に歯磨き粉など日用品の試験配送を始める見通し

アマゾン・ドット・コムは5日、ヘリコプターと航空機両方の特徴を備えた配送用ドローンを公開した。数カ月以内に歯磨き粉など日用品の試験配送を始める見通しだ。

  このドローンは垂直に離陸後、飛行機のように水平飛行する。人工知能(AI)を備え、搭載したセンサーを使って従来の航空機や地上の人間の障害にならないようなロボット制御の飛行が可能だとしている。

  ドローン配送の実用化を巡る争いでアマゾンの「プライムエア」の動向はこの1年余り比較的静かだったが、今回の発表は既存の航空規制の下でも使用が可能なシステム構築などで同社が当局と積極的に取り組んできたことを示唆している。

Amazon Poised to Test Chopper-Plane Mashup for Drone Deliveries

ラスベガスのイベントで「プライムエア」ドローンのそばで話すアマゾンのジェフ・ウィルケ氏

  アマゾンは企業秘密だとして新ドローンに関する一部詳細を明らかにしなかった。配送テストを実施する場所についての情報も開示しなかった。

  同社の発表から間もなく、米連邦航空局(FAA)は配送を認めない限定的な形でドローンを実験する1年間の許可を出したとの声明を出した。このため、アマゾンの新ドローンが近いうちに米国の空を日常的に飛び交う公算は小さそうだ。

EMBARGO Amazon drone

アマゾン「プライムエア」の新ドローン

  アマゾンの新ドローンは直径約6フィート(約1.8メートル)。6つのプロペラを使って機体を垂直に持ち上げる構造になっており、一見するとマルチコプターのように見えるが、飛行の仕方が独特だ。6角形の枠が全体を覆うようになっており、プロペラから人間を守ると同時に、飛行機のように水平飛行が可能な高効率の翼としての役割も果たす。このドローンは地上から離れると、機体を斜めに傾けながら水平に飛ぶ。

  ドローンに関するアマゾンのビジネスモデルは、倉庫から7.5マイル(約12キロメートル)以内の顧客に30分以内で配送するというもの。重さ最大5ポンド(約2キログラム)の荷物を運ぶことができるという。

原題:Amazon Poised to Test Chopper-Plane Mashup for Drone Deliveries(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE