コンテンツにスキップする

クレジット市場の流動性低下で警告のサイン-PIMCOも枯渇懸念

  • ビッド・オファー・スプレッドは、昨年12月の水準に再び接近
  • 「厳しい流動性の状況」が定着しすぐに解消されないとPIMCO
Pacific Investment Management Company LLC Advertisement

Photographer: Brent Lewin/ Bloomberg

Pacific Investment Management Company LLC Advertisement

Photographer: Brent Lewin/ Bloomberg

米債券運用会社パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のファンドマネジャーらは、投資家がそれを最も必要とする時期に社債の流動性が枯渇しつつあると懸念を示したが、その認識は正しい。

  グローバルなクレジット市場は比較的穏やかな状態にあるものの、ブルームバーグが集計したデータによれば、リスクが高い債券の取引状況を反映する重要指標の一つであるビッド・オファー・スプレッドは、昨年12月の水準に再び接近しつつある。ファンドがしばしば償還を求められる相場急落局面で、社債を現金化し手放すコストが膨らみ続けている様子をそれは物語る。

  これら全ては、PIMCOが「厳しい流動性の状況」が定着し、すぐには解消されないという最新見通しを今週発表した理由の説明に役立つ。

  グローバルなジャンク(投機的格付け)債のビッド・アスク・スプレッドを見ると、苦境が際立つ。ブルームバーグのデータによると、5日時点の同スプレッドは額面1ドル当たり0.96セントと、大きく相場が崩れた昨年12月と今年1月以来の高水準に近い。

  一方、グローバル高利回り債の動きを反映するブルームバーグ・バークレイズの指数によれば、社債の国債に対する上乗せ利回り(スプレッド)は、4月半ばの約400ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)から76bp拡大してはいるが、1月初めの高水準をなお下回っている。

Liquidity U-Turn

Bid-ask spread widens again after recovering during credit rally

Source: Bloomberg Barclays Global High Yield Index (LG30TRUU)

Note: Non-government index components

原題:Credit Markets Flash a Liquidity Warning That Pimco Saw Coming(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE