コンテンツにスキップする

米フォードが英エンジン工場を閉鎖へ、事業再編の一環-関係者

  • ブリジェンド工場の今後を協議するため労組指導部と会談を予定
  • ジャガーがエンジン調達契約の打ち切りを表明し先行き不透明に

グローバルな事業再編の一環として、採算のとれない欧州事業の見直しを進める米フォード・モーターは、英国のエンジン工場閉鎖を6日に発表する方針を固めた。同社の計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  社内の協議であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、フォードはサウスウェールズのブリジェンド工場の今後について話し合うため、6日に現地の労組指導部と会談する予定。同工場は1500人余りを雇用する。

  ブリジェンド工場は「フィエスタ」や「Bマックス」などフォードが欧州で展開する複数のモデルのエンジンを製造している。しかし1年半前にジャガー・ランドローバーが同工場からのエンジン調達契約を打ち切ると表明し、先行きが見通せない状況となっていた。フォードはコメントを控えている。

原題:Ford Set to Close U.K. Engine Factory as Part of Restructuring(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE