コンテンツにスキップする

米国とメキシコのワシントンでの関税協議が終了-打開の兆しなし

更新日時
Marcelo Ebrard, Mexico's foreign minister, responds to a question after a news conference at the Embassy of Mexico in Washington, D.C., U.S.

Marcelo Ebrard, Mexico's foreign minister, responds to a question after a news conference at the Embassy of Mexico in Washington, D.C., U.S.

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
Marcelo Ebrard, Mexico's foreign minister, responds to a question after a news conference at the Embassy of Mexico in Washington, D.C., U.S.
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米国とメキシコは5日、トランプ大統領がメキシコに警告している新たな関税を回避するための合意に達することができなかった。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  エブラルド外相率いるメキシコの代表団はホワイトハウスで、ペンス副大統領やポンペオ国務長官など米当局者と約90分間会談した。トランプ大統領は欧州訪問中で同会談に出席せず。

原題:U.S.-Mexico Wrap Up Tariff Meeting With No Sign of Breakthrough(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE