コンテンツにスキップする
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

FCAはルノーとの統合で暫定合意に近づく

Painted Renault Captur crossover sport utility vehicle (SUV) body shells travel along a conveyor on the production line inside the Renault SA automobile plant in Moscow, Russia, on Tuesday, May 28, 2019. A prospective deal proposed by Fiat Chrysler Automobiles NV to merge with Renault could create the world's third-biggest carmaker.
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)はルノーとの経営統合で暫定合意に近づいている。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。非公開の交渉であることを理由に匿名を条件に語った。

  同関係者によると、ルノーの筆頭株主であるフランス政府に関連した問題点で打開に至った。

  事情に詳しい関係者によれば、ルノーは5日深夜の時点で依然として取締役会を開いており、合意に達する保証はないという。

原題:Fiat Chrysler Said to Near Preliminary Merger Deal With Renault(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE