コンテンツにスキップする
Photographer: Daniel Acker

NY原油先物、米原油在庫が1990年以来の大幅増加

  • 先週の米石油在庫は合計で2200万バレル増-米エネルギー情報局
  • 北海ブレントは一時60ドル台割れ-貿易摩擦も需要展望に影落とす
The sun rises beyond oil storage tanks at the Enbridge Inc. Cushing storage terminal in Cushing, Oklahoma, U.S., on Wednesday, March 25, 2015. The fastest oil-inventory growth on record at the main U.S. hub may be about to end, easing concern that storage limits will be strained.
Photographer: Daniel Acker

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は5日、弱気相場入りし、ロンドンICE先物欧州取引所の北海ブレント先物は一時1バレル=60ドルを割り込んだ。米原油在庫が膨らんだのが背景。貿易摩擦で需要が脅かされる中で、供給過剰懸念が強まった。

  WTI先物は一時5.4%を付けた後、4月のピーク時を22%下回る水準で終了した。ブレント先物は1月以来の安値。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間統計で、先週の石油在庫が合計で約2200万バレル増と、1990年以来の大幅な伸びとなった。米原油生産も過去最高を更新、輸入も増加した。

  トータス・キャピタル・アドバイザーズのポートフォリオマネジャー、マット・サリー氏は電話インタビューで、「きょう相場が暴落しても不思議ではない」とし、「恐らく貿易問題の打開などでムードが変わるまで、原油は向こう1週間は改善する理由が見当たらない」と指摘した。

  WTI先物7月限は1.80ドル(3.4%)安の1バレル=51.68ドルで終了。ブレント8月限は同1.34ドル(2.2)%安の60.63ドル。

原題:Oil Sinks Into Bear Market as U.S. Storage Jumps Most Since 1990(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE