コンテンツにスキップする

習主席、プーチン大統領との関係深化を称賛-米との緊張と対照的

習近平国家主席とプーチン大統領

習近平国家主席とプーチン大統領

Photographer: Alexey Drizhinin/AFP
習近平国家主席とプーチン大統領
Photographer: Alexey Drizhinin/AFP

中国の習近平国家主席は訪問先のロシアで、プーチン大統領との関係が新たな極みに達したと称賛した。中国、ロシアとも米国との緊張が高まっており、その中で行われている習氏の3日間のロシア訪問は両国の接近を浮き彫りにしている。

  ロシア大統領府の首脳会談録によると、「われわれは努力を重ね、両国関係を史上最高の水準に引き上げることができた」と習主席は述べた。プーチン大統領は習主席を「親愛なる友」と呼び、「主要な国際問題」を巡る両国の立場は近いとの認識を示した。

  両首脳は会談後、署名に臨んだ。約30にのぼる署名文書には、華為技術(ファーウェイ)がロシアの携帯電話サービス会社モバイル・テレシステムズと共同で、ロシアの試験区で運用を始める合意も含まれた。ファーウェイは、米国の次世代通信規格「5G」ネットワークから事実上排除されている。中ロ間の昨年の貿易は総額1080億ドル(約11兆7000億円)で、約25%増加した。

  ロシアと中国は、米国の世界的な支配に反対する共通の立場から、経済と防衛を巡る関係を強化しており、シリアやイラン、北朝鮮などの主要国際問題についても連携をより緊密にしている。

  習主席は、モスクワ動物園が受け入れるパンダ2頭を中国から連れてきた。両首脳はモスクワのボリショイ劇場で観劇を予定。習主席は中国の自動車メーカーの工場開所式に出席したのち、6日にサンクトペテルブルクに向かう。

原題:Xi Hails Deepening Ties With Putin as U.S. Trade War Flares (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE