コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル上昇、ISM非製造業指数で景気懸念が緩和

更新日時

5日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が5営業日ぶりに上昇。米ISM非製造業景況指数が市場予想を上回ったことから、米景気の現状に関する投資家の懸念が和らいだ。

  • ニューヨーク時間午後4時34分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%上昇。5月のISM非製造業景況指数が予想を上回ったことを受け、下げを埋めた。主要10通貨のうち、ニュージーランド・ドルに次いで米ドルは上昇率2位
  • ドル指数は一時5月1日以来の安値。5月のADP民間雇用者数が2010年以来の小幅な伸びにとどまった。7日発表される米雇用統計の注目度が高まった
  • TDセキュリティーズのメイゼン・アイサ氏は「今週発表されたISM指数の方が、ADP統計よりもはるかに建設的な雇用の状況を示している」と指摘。「それが実証された場合、ペイントレード(痛みを伴う取引)の環境が整う可能性がある、それはドル高だ」
    • インターコンチネンタル取引所(ICE)算出のドル指数は3月26日以降で初めて100日移動平均線を下回る場面も
    • 投資家のドルに対する見方が昨年1月以降で最も弱気に傾いていることを、オプション市場は示唆。米金融当局が約10年ぶりの利下げに近づいているとの見方が背景
  • ホワイトハウスのナバロ国家通商会議(NTC)委員長はメキシコ製品に対する関税案について、発動する必要はないかもしれないと発言。上院共和党のグラスリー議員は米国とメキシコ両国の間で合意が成立する可能性はあると話した
  • ドルは対ユーロで0.2%高の1ユーロ=1.1225ドル。対円では0.3%高の1ドル=108円43銭

欧州時間の取引

  ドル指数が上げ幅を縮小。米金融当局者の最新の発言を消化しながら、短期のポジション調整が進んだ。一方、ユーロは7週間ぶりの水準に上昇。域内の購買担当者指数(PMI)が予想を上回った。

原題:Dollar Outperforms as ISM Services Eases Concern: Inside G-10(抜粋)
Dollar Sentiment Turns Bearish, Euro Advances: Inside G-10

(相場を更新し、新たな情報を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE