コンテンツにスキップする

米ISM非製造業景況指数、5月は予想上回る-雇用の伸び顕著

更新日時

米供給管理協会(ISM)が5日発表した5月の非製造業総合景況指数は、前月から上昇し、2月以来の高水準となった。特に雇用の伸びが顕著で、労働市場の力強さが示唆された。

キーポイント
  • 5月の非製造業総合景況指数は56.9に上昇-前月は55.5
    • ブルームバーグが実施したエコノミスト調査での予想ほぼ全てを上回る-予想中央値は55.4

  • 指数を構成する4項目中、3項目が上昇-特に雇用はここ2年で最大の伸び

    • 新規受注と景況指数も改善

    • 業種別では18業種中、16業種で上昇

 

Employment strength lifts gauge of U.S. services

インサイト

  • ISM非製造業景況指数は3カ月ぶりの上昇となった。非製造業は米経済全体の約9割を占める
  • 入荷遅延指数は2015年以降で初めて50を下回り、サプライチェーンにおけるボトルネックの状況が改善しつつあることが示唆された。受注残も低下し、4カ月ぶり低水準
  • 輸入指数は4年近くで最大の低下。輸出受注も下げた。中国との貿易摩擦悪化の影響が続き、企業の不透明感が増しつつあることを示唆。在庫指数は上昇
  • ISM非製造業景況調査委員会のアンソニー・ニーブス委員長:
    • 「回答者の大半は景況全般について楽観しているが、関税や人材といった懸念は残る」
    • 「非製造業の分野では引き続き事業活動がやや上向いているものの、全体的には横ばいになりつつある」

詳細

  • 雇用指数は58.1に上昇。前月は2年ぶり低水準だった
  • 仕入価格指数は55.4に小幅低下(前月55.7)
  • 景況指数は61.2に上昇、新規受注は58.6に上げた。入荷遅延は49.5に低下
  • 統計表

原題:U.S. Service-Industry Gauge Tops Forecasts on Jobs Boost (1)(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE